登場人物紹介

WINGSシリーズ(高校生編) 登場人物紹介

キャラの裏話やストーリーのネタバレを含む作者のキャラ語りはリンク先に。今後ゆっくり更新してます(^^)

【WINGS】とは

相羽勝行(Vo,G)・今西光(P)からなる二人組音楽ユニット。今西光が作曲するピアノをメインに相羽勝行が編曲アレンジして多彩で壮大で独特な音楽世界を生み出す現役高校生バンド。天才的で聴く者の感情を揺さぶる今西のピアノ演奏に、相羽の甘い魅惑のハイトーンボイスと巧みなギターサウンドが合わさり、日々の葛藤や足掻く生き方を等身大に表現する新生J-ROCKバンドである。
ライブハウスでのゲリラライブ活動が中心。若き新鋭演出家・置鮎保プロデュースの元、その魅惑のビジュアルとピアノメインのロックミュージックを合わせたミュージックビデオがデビュー早々話題になる。

010【今西光】(いまにし ひかる) 9月13日生 O型 180cm(高2)

我儘で自己中心的、自由気ままに生きるルール無用の男。音楽を聴いたり演奏するのが大好きで、一日の大半は音楽を聴いて過ごしている。凶悪なまでにクールな鋭い瞳と端正な顔立ちをした色白ビジュアル系美少年。

音楽ユニット「WINGS」ピアニストでベース・コーラスと作詞作曲担当。ピアノは耳コピで何の音でも弾ける。楽譜を読まず、自由にでたらめな曲を演奏するので毎回弾くたびに異なる音楽を生み出すが、その音楽センスは天才的で多種多様。

先天性心臓病を患っており、幼少期からずっと入退院を繰り返してばかりで世間知らず。父親は行方不明・母親とは中2の時に死別。母親死後は自暴自棄気味の荒んだ生活をしていたが、相羽勝行と出逢って音楽活動の道を進むことに。

家事は得意で料理好き。双子の弟が地元にいる。生活が苦しかったこともあって貧乏症。

<<ネタバレ注意の詳細設定(恋愛観/人格含)>>

018【相羽勝行】(あいわ かつゆき) 5月15日生 O型 178cm(高2)

いつでも穏やかで優しく、物腰の柔らかい落ち着いた性格。品行方正な優等生。著名な政治家一族の次男で礼儀作法や社交界マナーなどは完璧。高校入学までは低身長と童顔で、「可愛い系アイドル王子」と呼ばれ親しまれていた。反面、本心は二重人格でネガティブ思考。本人もそれを気にしていて、なるべく他人に素の自分を見せないようにしている。

音楽ユニット「WINGS」ボーカル&ギターで編曲担当。音楽を含めた総合演出やアレンジが得意で、中学時代は吹奏楽部で学生指揮者、コンサートマスターも務めた。DTMと楽器の生演奏でリミックス曲を作って遊ぶのが趣味だったが、中学3年の時光の演奏するピアノに惚れ込み、一緒に音楽活動を始める。

勉強も何でも要領よくこなせる上、楽器マニアでチューニングや改造も得意。少し理屈っぽい。ネズミとニンニクと家事が苦手。プロデューサーの置鮎保は中学生時代の恩師で憧れの先輩。

<<ネタバレ注意の詳細設定(恋愛観/人格含)>>

042【置鮎保】(おきあゆ たもつ)10月20日生 B型 171cm

WINGSのプロデューサーで、フリーの新鋭演出家。色んな造形や音楽を彩る演出デザインの仕事を得意とする。演出家として独立する前はAVデザイナーとして各ミュージシャンのPVやCM作りに活躍していた。

オネエ口調で年齢性別不詳キャラ。見目麗しい女性のようなその姿とは裏腹に、仕事に関してはかなり厳しい鬼監督。だがお気に入りの子には過ぎるほどのスキンシップで猫可愛がる傾向がある。そのため保の性別を知るメンバーからはゲイだのバイだのと噂されているが、実際に同性愛者で彼氏がいるらしい。(本人談)なんだかんだ言って年下の面倒見がいい兄貴気質。

五歳下の弟がいる他、光たちと同級生にあたる妹がいて、光の弟・源次が通う私立聖苑学院のOB。学生時代はバスケットボール部に在籍し、全国大会で優勝したことがある。

【OTHEERS】背徳の堕天使 登場人物

(下記は他の小説にもたまに出てくる人たち)

*オーナー

WINGSの二人が上京した時から音楽活動の拠点にしているライブハウスのオーナー。穏やかで優しい性格の元ピアニストで現在は調理師さん。独身。光がよく懐いている。

*相羽修行(あいわのぶゆき)

勝行の父で、今西兄弟の未成年後見人。代議士。おおらかで子ども好き。

056

*今西桐吾(いまにしとうご)

今西兄弟の父親。裏稼業で麻薬密売組織と関与しており、芸能界の著名人と通じている。暴君で独占欲が激しい。一度捨てた光を見つけた後、再び接触してくる。

ネタバレ含む詳細設定>>

登場人物相関図(WINGSシリーズ)

※クリックで拡大

相関図