死神の鎮魂歌(SS)

標準

死神の鎮魂歌SS

※クリックすると原寸サイズで表示されます
まだこの長編小説は、どこに重点(テーマ)をおくか、迷ってる段階なので、小出しに自分のネタをSSにして出していくスタイル(っ˘ω˘c )

これのシーンは高校を卒業したあと、ライブのリハーサルか練習をしているところでの一場面を想定して書いてみたSS。

元々自閉症児の光には、だんだん自分でも夢と現実が分らなくなるぐらい感性が研ぎ澄まされてきて、音楽を感じるだけでなく、みえないはずのものがみえるようになってきます。このシーンくらいで終わりにするか、このあともう少し続けてみるかは、絶賛検討中(^ω^)

黒スーツと白スーツの二人を描きたかったんだ。それだけ♡